アイマスとか競馬とか。 コメ・リンク等はお気軽にどうぞ。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/03(水)00:52
いよいよ今週の金曜は柴田淳・ライブatオーチャードホール。
久々に足を踏み入れるシブヤに今からガクブルのハイドです。どーも。
俺、ライブ会場に辿りついたら「BUNKAMURAなう」ってツイートするんだ……

そんなわけで、俺もツイッターなど始めてからひと月ほど経過しまして、
選り好みしつつも、フォローさせていただいてる人がようやく100件を超えたりして、
「きたくなう」な生活にもすっかり慣れてきたわけです。そんなん言ったことねーけど(笑)

で、この10年余りの間、ネットにべったり依存して生きてきた人間がなぜ今さら
このタイミングでこんな事を考えたのか、自分でもふしぎ遊戯なんですが。

いつの間にか、世界は凄いことになってるよね。って話。

前回のエントリにも書いたとおり、先日ニコマスの「気象衛星ひまわり一気見ニコ生」を
観ながらあの感想(もどき)を書き、同時進行でツイッターやその他作業など並行するという、
平成の聖徳太子とでも言えるような時間を過ごしていたわけですが、
でも今の世の中、みんなこのぐらいやってるよね多分(笑)

まぁ、そういう「人間の機能の進化」的な話はまたの機会に譲るとして、
今回はその「環境」が凄いよね。としみじみ思ったわけでして。

例えば今回のように「ひまわり」という素晴らしい作品があって、
それを日本の(あるいは世界の)あらゆる場所にいる人々と同時に観て、
それぞれの感想を思い思いに同じ場所(ニコ動)に書き込み、みんなで目にして、
俺が「ブログにこんなの書いてみた」って言うとそれが即座に読んでもらえて、
またコメやツイッターなんかでそれに対する反応も、すぐに返して頂ける。

俺らが子供の頃だと、これは22世紀ぐらいのレベルの話じゃなかったか?
ここ20年ぐらいのネット環境・端末の進歩ってのが、こういう世の中になった
主な要因でしょうが、思えば俺の20年前って言うと、友人や恋人(笑)が
海外にいたことがあって、当然その頃はエアメールで手紙を出すわけです。
今はどうだか知りませんが、当時は向こうへ着くのに1週間前後、来るのも同様で、
往復10日~二週間ほどかかってようやく返事がくるわけです。

現代社会においてこのタイムラグを思うと、気が遠くなりますね(笑)
たった20年ほど前の話なのに。
(もちろん当時も国際電話はありましたが、高額なので脳内から除外(笑))
今はメール、チャット、ツイッターなど、大して金のかからない方法でいくらでも
瞬間的なやりとりが、ほとんど地上のどこに居ても可能なわけで。

今回、俺が体験したような「感動を大勢で共有すること」だって可能だし、
色んな意見を色んな人たちと議論したり、昔は「憧れ」でしかなかった有名人とさえ、
気軽につながったりできちゃう。
5万人がF5を押せば、サーバーがダウンしちゃったりもするこの素晴らしい世の中。

「人間が想像できることは全て創造できる」という言葉を聞いたことがあります。

別に根拠はなしに、ただの個人的な印象ですがそれでも「物体のワープ」だけは
できないんじゃないかなぁと俺は思ってました。「ザ・フライ」のトラウマも込みで(笑)

でも現在俺らがごく普通に行なっているネット関連の事象を考えるにつけ。
肉体は伴っていないものの、これはもう「意思のワープ」と言っても過言じゃないほど、
人の考えや思いは時間と空間を激しく飛び越えちゃってるよね。

例えば有名人でもなんでもない俺のブログなんかでも、日々数十人もの人に読まれていて、
それがものすごく遠くの、会ったこともない誰かに何らかの影響を及ぼしたりすることもある。
俺の作る動画や、ツイッターでのつぶやきも然り。
もちろん俺に限らず、この世界の全ての人について同じことが言えるのであって、
散々「人間関係が希薄」だと危惧されて久しい現代社会だけど、いろんなところで
いろんな人が、実は裏で深くつながってるというね。なんだか表現は怪しいですが(笑)
顔も本名も知らない人たちとでも、そういう関わりが持てることって
スバラシイよね。と、ガラにもなく思ってみた。
いやむしろ、顔も本名も知らないからこそ、なのかもな。俺の場合(笑)

そんなわけで、先日ひまわり関係でカラませて頂いた、糸の人、sudoP両氏に感謝しつつ、
こんな駄文を連ねてみました。その節はありがとうございました。

それにしても、世界がこの速さで(あるいは加速をつけて)進化していったら、
俺がジジイになる頃にはどんな世界になっているんだろうか。
「いとしの未来ちゃん」みたいな世界になってたら笑えませんが(誰も知らんか。)
順調に世界が進歩して、もしも手紙が必要なくなって絶滅してるような世の中になってたら、
自分の孫たちに「むかし、この世界には“手紙”(中国語で「信」)というものがあってな。
それを配達する人たちをテガミバチ(Bee)と呼んでいたんじゃ」って語ってあげよう。
コメント
よく若者の活字離れとか言われますが、実際は携帯やネットを含めればで活字を読み書きする量はかなり増えてるらしいですね。
例えば、こういうところでw
2010/03/04(木) 15:47 | URL | 225P #-[ 編集]
>225P
言われてみればそうかも知れませんね。
最近、ペンで書いた文章なんか微々たるもんですが、
ここに書いたのは結構な量だもんなぁ…
俺が「若者」なのかどうかはさておき(笑)
2010/03/04(木) 23:30 | URL | ハイド #su5KoE9w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hide2n.blog33.fc2.com/tb.php/579-299c757c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

ハイド

Author:ハイド
ニコ動にてひっそりと活動
しており、XBOXLiveは
すっかりご無沙汰。
タイトルは「かぶきちょう」と
読んで。

作った動画たち

Live

FC2カウンター

カテゴリ
ニコ証

twitter

阿良々木暦

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント
最新記事
リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

 | 傾奇帳TOPへ | 
Copyright © 傾奇帳 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。