アイマスとか競馬とか。 コメ・リンク等はお気軽にどうぞ。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/09(水)02:09
会社で履いてるサンダルの底が剥がれたので、セメダインでくっつけたところ、
立ちのぼるシンナーの香りで仕事中にすっかり気持ちよくなったハイドです。どーも。
良い子も悪い大人も、マネをしないように。


作りたいと思ったのは、作り始めたのはいつだったろうかと思い出すのも一苦労(笑)
「それでも来た道」について、可能な限り思い出してみましょう。


毎度のことではありますが、技術や演出について語ると、大反省会場になるので(笑)
今回はいつも以上の精神論重視です。

昨日書いたとおり、まずシバジュンMADを作りたいと思ったのはデビュー前。
それから今日に至るまで、9つのアイマス×シバジュンMADが作られてますが、
正直、この曲が使われずに残っていたことが信じられない(笑)

まぁ重たい曲が多い柴田淳の楽曲の中でも、相当重い部類に入る曲なので、
使いづらかったんだろうなーとは思います。実際俺も一度凍結してるし。

で、「この曲で作ろう」とはっきり決めたのは確か一年ぐらい前。
ブログに書いた記憶はありますが、過去ログ漁るの面倒なので(笑)だいたいで。

シバジュンで作るんなら、やっぱこの曲だよなー…と、おぼろげに思ってはいましたが、
それまでこの曲を使えなかった理由はいくつかあって、その一番大きな理由が、
この曲の重さを背負えるアイドルがいないということでした。

順当に千早で行けるかなぁと思ってた時期もありましたが、それも微妙にズレがあって、
そもそもこの曲は淳さんの「あこがれ」を描いたものであって、その点で
目標を定めず「孤高」を目指す千早のスタンスとは決定的に違ってたわけです。

オールスターで「それでも来た(アイドル)道」みたいな感じも考えましたが、
どうせならもうちょい絞って掘り下げたいなぁと欲を出し(笑)次なる候補は美希。
「あの人の歌を口ずさめば」の部分は、まさに千早に憧れる美希のイメージで、
これならいけるかなー…と思ってたんですが、これも凍結。
当時の美希は単なるゆとりで(笑)この曲を背負える器はまだ無かった。

しかし、そこにあの話が来たわけです。SPの事務所移籍が。
あの一件で、(覚醒は別として)もともと暗い面の全く無かった美希に、
いい意味での「重さ」が備わったな、ズルいな(笑)と思ったわけで。

ここでようやく「それでも来た美希」の構想が固まり始めたのです。
話が多少前後して読みづらかったでしょうが、ようやくスタート地点だわ(笑)


さて、制作を振り返る前にまず言い訳ですが(笑)発想は一年前。
移籍の理由もまだわかってない頃だったわけで、つまりは全てが
俺の妄想頼りで作ってたのです。
だからまぁ、SPやってなくて実際の所を全く知らない俺が言うのもヘンですが、
「これもひとつのif」みたいな感じで見ていただければと。
このへんはあんまり語ると馬脚を現しかねないので(笑)ひとことだけ、
例えるなら「鴨川ジムを離れた宮田一郎の心境」であって星井な、と思ってました。
何のこっちゃ。

ようやく制作過程に入るわけですが…
構想は固まりつつも、どういう路線でどのような演出にしていくのか、
色々考えていたところへ、某Pの新作が投下されました。
詳しくは次回触れますが(え?次回?w)この作品に感化されて、
「コミュ映像中心で行こう!」と思ったわけですが、あっさり挫折(笑)
俺がやると、どうも安易というか安っぽいというか。
人には向き不向きってのがあるのを痛感しました。

しかしそのことがあって、逆に開き直って、ひとつのコンセプトが決まりました。

「コミュ・オーデ・レッスン映像を使わないこと」

さらにその後、「セリフ・歌詞などの文字情報の排除」も加わったのですが、
つまりは徹底した抽象的表現つーか、遠回りを目指そうと。

具象より抽象の方が伝わるものもあるだろうという思いもあって、
自分の技量はさておき(笑)この路線で行こうと決断。
例えるなら廃ホテルの地下でブリ大根の大根だけ食わせるみたいな。
まぁ誰もわかんなくていいや、こんなネタ(笑)

そういった縛りをかかえた、ドMな制作過程だったので、皆さんご承知の通り
制作は気持ちいいほどに難航(笑)
昨年11月あたりに、雪歩誕牛祭準備のために一旦制作は中断されました。

その後、一身上の都合による第二休養期間を経て、制作再開したのが7月初頭。
8ヶ月ぶりに、大事に温めすぎて腐りかかったプロジェクトを引っ張り出して、
半年ぶりの動画制作開始です。

以下、次回へ続く。
コメント
会社でサンダルってのがスゴいと思いました。

あ、コメントするポイントはそこじゃないですか。
2009/09/09(水) 22:11 | URL | てつこ #-[ 編集]
>てつこP
下町の会社だからねー
コメするポイントなんて見る側が決めるもの。
俺はツッコミどころを作るだけ。
2009/09/09(水) 22:37 | URL | ハイド #su5KoE9w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hide2n.blog33.fc2.com/tb.php/414-0b948ca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

ハイド

Author:ハイド
ニコ動にてひっそりと活動
しており、XBOXLiveは
すっかりご無沙汰。
タイトルは「かぶきちょう」と
読んで。

作った動画たち

Live

FC2カウンター

カテゴリ
ニコ証

twitter

阿良々木暦

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント
最新記事
リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

 | 傾奇帳TOPへ | 
Copyright © 傾奇帳 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。