アイマスとか競馬とか。 コメ・リンク等はお気軽にどうぞ。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/31(水)16:10

DikeP作品。
極限まで削ぎ落としたエフェクト、光、演出。
闇に浮かんでは消える春香の表情は、その限られた視界と瞬間だからこそ、
強烈な印象を持って刻み付けられる。
あまりにもシンプルと言えばシンプルだが、最後まで目が離せなくなる力が、
この作品にはある。

エフェクト過多の映像に食傷気味だった当時の俺に、全く考えもつかなかった方向での
頂点をあっさり見せてくれた感じでした。

俺もAEを使うようになって、今後は多少のエフェクトも使っていくことになるでしょうが、
この作品をいい意味での重石として、「エフェクトありきのエフェクト」ではなく
「表現のためのエフェクト」であることを忘れないように努めていこうと思います。
スポンサーサイト
2008/12/31(水)11:04

かよーP作品。
大好きな曲に素晴らしい演出。これで感動しないわけがない。
本来、エフェクト過多の映像はあまり好きではないのですが、これについては
「ケイゾク」らしさを出すための過不足ないエフェクトだと思ってます。
退廃的な雰囲気と雪歩のネガティブさの融合と、そこから脱却していく雪歩の成長。
ただの映像美のみならず、ストーリーまで織り込むセンスは凄いの一言。


225P作品。
さすがに一人のPで二作品目を取り上げるってのはどうかと思いましたが、
別に年間20選やってるわけじゃないんだし、まぁいいかなと。
むしろ、大好きな曲で大好きなPが作ってくれて、それを「捧げる」なんて言われたのに
ここで取り上げない方がどうかしてるわな(笑)
幻想的な映像はもちろんいいんですが、225Pの専売特許である「歌詞残し」が
今作で大きな進歩を見せてくれたのが印象的でした。
今後も進化と深化を見せてくれるであろう、独自路線に期待しています。


さて、予想以上にダラダラと書き連ねてきた今年の思い出ですが、
ようやくあと一作品をご紹介して終わりという段になりました。
今年中に終われて良かった(笑)
今年最後の次エントリにてご紹介するのは、今年最も衝撃を受けた作品。
アイディアとか演出とか、それだけでは片付けられないものを感じた作品です。
2008/12/31(水)02:42

じゃんP作品。
今更ここで言うことなど何もないほどの名作。
光と空気の表現が本当のPVのようで、ニコマスを超越した映像美ですね。
これを観たおかげで、その日のエントリの内容を急遽変更したのもいい思い出(笑)
Coccoファン大勝利、その2でした。


onoP作品。
この曲とボーカルの透明感を存分に生かした作品。
「冬の朝にぴったり」というコメに全面同意せざるを得ません。
単なるシンクロだけじゃなく、振りの雰囲気まで曲に合ってるのがすごい。
ちなみに、俺がニコ割に手を出そうと思ったのはこの作品のおかげです(笑)
2008/12/30(火)21:49

ペデューサーP作品。
何度も書いている通り、「アイマスクエスト」と「あずささんが馬主に~」は別格として、
他にはあまり架空戦記とかノベルものを観てなかったんですけど、
これを初めて観た時の笑撃ったらもう。
ネタのレベルの高さと、おそろしいほどの生産力には畏敬の念すら覚えます。


太宰P作品。
太宰治について詳しくは知らないんだけど、それでも死ぬほど笑えるという怪作。
そもそもタイトル見ただけで笑いが止まらなかったという時点でもう俺の負け。
今年のネタ動画最高峰の称号を差し上げたい気分。
太宰Pの次回作を切にお待ちしております。
2008/12/30(火)11:50
ネタ☆MADより二本。


DikeP作品。
言わずと知れた名作のセルフパロですね。もう最高。
以前、某PのブログでえこPの「嵐が丘」についてのエントリにコメを書き込んだ際、
「元ネタとなる作品を高いレベルまで持っていって、そこから落として見事に壊す」
というような表現をしましたが、DikePのこの2作もまったく同じですよね。
その高みにまで持っていける手腕と、そこからためらいなく落とせる思い切りの良さ。
ニコマスPにはこういうエンターテイナーが本当に多いのが、幸せですね。


横澤PP作品。
これも大ヒットを記録した人気作。コレを観て、心眼を開いた人多数。
まず発想で勝利だけど、細かいカメラワークまで再現した作りこみ度も凄かった。
そういえば、先ほど鎖骨第二弾を観ましたが、横澤PP作品の作りこみの深さは
こういった病的なまでの執着に支えられているんですね。わかります。
なるべくお早い通院を願って止みません。
プロフィール

ハイド

Author:ハイド
ニコ動にてひっそりと活動
しており、XBOXLiveは
すっかりご無沙汰。
タイトルは「かぶきちょう」と
読んで。

作った動画たち

Live

FC2カウンター

カテゴリ
ニコ証

twitter

阿良々木暦

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント
最新記事
リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

 | 傾奇帳TOPへ |  Next
Copyright © 傾奇帳 All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。